【じゃりてん本舗】グループ
 開運・バラエティ雑貨

 ダイエット器具

 小型カメラ・スパイカメラ

じゃりてんのお店屋さん

2017年08月12日

USB DAC を交換してみた

最近、Hi-res音楽を聴くことが増えまして、
使っていたUSB DAC「PreSonus」のAUDIOBOX USBに
若干、不満がたまってきました。

同じPreSonusで入れ替えしようかとも思ったのですが、
DACそのものの選択肢があんまりないんですよね。
あっても高いし!!

そこで、以前から気になっていた、英国の
「Focusrite」にしてみました。
物はこちらです。
Focusrite Scarlett 2i2 G2 2in 2out 24bit 192kHz オーディオインターフェイス -
Focusrite Scarlett 2i2 G2 2in 2out 24bit 192kHz オーディオインターフェイス -

1.入れ替えそのものは、旧ドライバのアンインストール&再起動
2.Focusrite にユーザ登録
  「https://global.focusrite.com/register」で必要事項を記入
3.ログインを行うと
  「Focusrite USB ASIO Driver 4.36.4 - Windows」が
  ダウンロードできます。
4.Focusrite USB ASIO Driverをインストール&再起動
5.USBでScarlett 2i2を接続
以上で音は聞けるようになります。

ここからが、大変でした。

Focusrite のMypageにはFocusrite Controlがありません。

きっと皆さんもないーないーと言ってるものです。
Amazonさんのレビューにも載ってます。

ありかは「https://global.focusrite.com/downloads?product=Clarett+2Pre」に
Mac: Focusrite Control 2.1.7と
Windows: Focusrite Control 2.1.4 (beta)があります。
家はWin10なのでWindows版をダンロードしました。

また、Focusrite Control日本語マニュアルは
http://download.minet.jp/DounloadItems/Focusrite/FocusriteControl_Scarlett_Clarett.zip
で公開されています。

今のところバンドルソフトウェアを使用する予定はありませんが、
そのうち使うようになったらレビューでもしてみます。

ちなみにFocusrite Control日本語マニュアルを解凍すると
なぜかPDFファイル名が文字化けをおこしています。

以上、参考になれば幸いです。

再起動後、追記:
Focusrite Controlをインストール後に再起動すると
ulilithが起動しなくなりました。
また、Focusrite Controlにも対象のデバイスが存在しません
エラーとなりました。

ゆえに、Focusrite USB ASIO Driverのインストール状態に
戻して、正常起動しています。
なぜ??

とはいいつつも、96kHz,24bitで正常動作しています。

記載漏れ追記:
Focusrite Scarlett 2i2 G2には出力がヘッドホン出力(前面)と
背面のバランスド出力しかありません。

※G2とはGen2のことで、マイナーアップデート版です。
※バランス出力はホット、コールド、グラウンドの3種類の信号を
 やりとりするので、フォンタイプのバランスアウトにはTRSの
 ジャックを使用する必要があります。 
 TRSの端子はステレオ標準プラグともいいます。
参考までに商品画像はこちらです。
6.3mm ステレオ標準プラグケーブル 1m (オスーオス ストレートプラグ) オーディオケーブル 1m VM-4049 -
6.3mm ステレオ標準プラグケーブル 1m (オスーオス ストレートプラグ) オーディオケーブル 1m VM-4049 -

当然、受け側(スピーカー側)にもバランス入力が必要ですが、
各種変換ケーブルもありますので、変換して使用することは
可能です。
ただし、本来の音質は当然損なわれます。

アンバランス出力(俗にゆうピンジャック)を使う場合は
Focusrite Scarlett Solo G2 2in 2out 24bit 192kHz USBオーディオインターフェイス -
Focusrite Scarlett Solo G2 2in 2out 24bit 192kHz USBオーディオインターフェイス -
を選択したほうがよいでしょう。

ラベル:Hi-res DTM asio DAC
posted by じゃりてん at 20:02| 高知 ☀| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

無料でドライブを丸ごとバックアップできる「EaseUS Todo Backup Free」v10.5が公開

EaseUS Softwareは2017年6月27日、
無償で指定したドライブやパーティション、
フォルダやファイルをイメージ化して
バックアップできるソフト「EaseUS Todo Backup Free」
の最新版v10.5を公開した。

 本バージョンでは、
システムクローンの作成機能やシステムの
バックアップ・リストア機能が改善したほか、
ネットワーク環境での性能が向上している。
そのほか、韓国語にも対応した。

 「EaseUS Todo Backup Free」は、
64bit版を含むWindows XP/Vista/7/8/8.1/10に
対応しており、家庭内に限り無償で利用可能。

現在、同社のWebサイト
http://jp.easeus.com/backup-software/free.html
からダウンロードできる。

次回は「I-O DATA NASキット(HDD無し) HDL2-AA0/E」で
自宅NAS構築でもやってみます。

I-O DATA NASキット(HDD無し) デュアルコアCPU/ミラーリング(RAID1) /2ドライブ/スマホ /タブレット対応/3年保証 HDL2-AA0/E -
I-O DATA NASキット(HDD無し) デュアルコアCPU/ミラーリング(RAID1) /2ドライブ/スマホ /タブレット対応/3年保証 HDL2-AA0/E -
posted by じゃりてん at 21:08| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

手持ちソフトウェア更新情報

MI7が販売しているPreSonus社の「PreSonus Studio One Prime」の
最新版3.5が公開されました。
同時に有償版も公開されています。
詳細は「https://www.mi7.co.jp/products/presonus/studioone/prime/

大きな更新としては
ミキシング画面でアンドゥ・リドゥが可能になったことでしょうか。
今まではミキシング画面で調整がおかしくなっても
元に戻すのが面倒くさかったので、
これは大きな進歩です。

ぜひ、ダウンロードしてDTMの世界を垣間見てはどうでしょうか?

また、パソコンをASIO対応にできるソフト「asio4all」v2.14が
公開されました。
詳細は「http://www.asio4all.com/

asio4allはASIO環境がないオーディオインターフェースを
ソフトウェアで補ってくれるソフトです。
通常のWDMドライバーで動作しているものを
ASIO環境にしてくれます。
対応しているサウンド関連のソフトウェアを利用している方は
導入してみましょう。

ただし、個人の私的利用のみでライセンスされていますので
商用には利用できません。

ラベル:asio 音楽編集 DTM
posted by じゃりてん at 15:58| 高知 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする